ローソンのオーナーになる方法と成功の秘訣

ローソンは地域に密着した「マチのほっとステーション」として有名ですが、地域密着だからこそ、オーナーになることの意味もあるのです。

サイトトップ > ローソンオーナーになる方法

スポンサードリンク

ローソンのオーナーになる方法と成功の秘訣

ローソンオーナーになる方法


まず何はともあれ、全国の各会場で開催している加盟店オーナー募集説明会に参加することになります。これはローソンと店舗運営について理解を深めていくためのファーストステップで、ローソンのフランチャイズシステムの説明を聞きます。


成功の秘訣はまさにこのローソンのローコスト経営にあるので、これをしっかり理解しておいた方がいいでしょう。


これで決意が固まった「FC-Cnタイプ」の人には契約店舗の紹介があります。ここではコンビニエンスストア開業に適していると判断された店舗予定地が紹介されますが、契約店舗の申し込み後に審査があります。審査が通った人には契約内容の説明がなされます。


契約内容は、以後10年間にわたって有効となる重要点なので、しっかり納得するまで説明を受けてください。ちなみに契約書の調印についてはクーリングオフも適用可能となっています。


ここまで来るといよいよ経営店舗の準備に移るわけですが、建築設計、施工、店舗レイアウト決定、各種什器や備品準備が開始されます。


経営能力についてはオープン前研修で養成されます。これは6泊6日のスクールトレーニング、合計20日間のストアトレーニングがあり、フランチャイズのシステムや店舗運営のノウハウを身につけます。


最後はオープン前準備ということで、クルーの募集、採用、教育をして、更には商品搬入、陳列、近隣への挨拶なども行います。


成功の秘訣に近道があるわけではないのですが、経営を支える充実したサポートシステムや先輩オーナーの声を充分参考にすることで、おのずと道が開けてくるのではないでしょうか。


ローソンのオーナーになる方法と成功の秘訣

MENU



スポンサードリンク