ローソンのオーナーになる方法と成功の秘訣

ローソンは地域に密着した「マチのほっとステーション」として有名ですが、地域密着だからこそ、オーナーになることの意味もあるのです。

サイトトップ > フランチャイズの流れ

スポンサードリンク

ローソンのオーナーになる方法と成功の秘訣

フランチャイズの流れ


さてローソン加盟店のオーナーとなる条件ですが、基本的に3点あり、「店舗の近くに住んでいること」、「店舗の専従者となる夫婦、親子、兄弟などが2名いること」、「年齢が20歳以上で体力と気力が充実していること」となっています。


契約内容については大きな区分として、「土地や建物を持っていない人」(FC-Cnタイプ)と「土地や建物を持っている人」(FC-B4タイプ)でコースが異なることになります。


「土地や建物を持っていない人」にはローソンが土地と建物を用意することになり、既に土地や建物を持っている人はそれを活用したいということで、背景や理由は異なれども、オーナーになることを希望していることに違いはないでしょう。


「FC-Cnタイプ」では月々の地代と家賃もローソン本部が負担しますが、あらかじめ留意しておくべき点は、各契約タイプ共通で別途数ヵ月分の生活費は用意しておく必要がある点や、最低保障額はフランチャイジー収入の最低額保証であって、店舗営業費控除後の店利益を保証しているということではない点などとなります。


ただし過度に不安になる必要はありません。開業に関するいろいろな事項に関しては、経験豊富な弊社リクルート・フィールド・カウンセラーがいるので、相談からいろいろな処理までしっかりフォローしてくれます。


オーナー希望者は、まずは気軽な気持ちで問い合わせをしてみたらいいでしょう。成功の秘訣やポイントについても、じっくり話が聞けるはずです。


ローソンのオーナーになる方法と成功の秘訣

MENU



スポンサードリンク