ローソンのオーナーになる方法と成功の秘訣

ローソンは地域に密着した「マチのほっとステーション」として有名ですが、地域密着だからこそ、オーナーになることの意味もあるのです。

サイトトップ > ローソンの基礎知識

スポンサードリンク

ローソンのオーナーになる方法と成功の秘訣

ローソンの基礎知識


ローソン(LAWSON)はセブンイレブンやファミリーマートと並ぶ大手コンビニエンスストアであり、誰もが普段利用してしると思います。


株式会社ローソンは、国内店舗数は2位で、もともとこの業界で初めて全ての都道府県に出店したコンビニエンスストアでもあります。


これの原型は、アメリカオハイオ州のJ.J.ローソン氏が1939年に開店した店で、ローソンのトレードマークになっているミルク缶はここに由来しています。


この店の牛乳の美味しさが評判となり、ローソンミルク社が設立され、日用品を販売するチェーン店へと発展していきました。


日本での1号店は、大阪府豊中市に1974年開店した店で、ダイエーがコンソリデーテッド・フーズ社と提携してダイエーローソンを設立しました。その後は大阪や神戸などの近畿中心で店舗数を増やしていったのです。


このように長い間ローソンの親会社はダイエーだったのですが、ダイエーの業績悪化に伴ってローソン保有株の多数が三菱商事に売却されました。


2011年11月現在の国内店舗数は10000店以上、海外での店舗数も300店を超えています。一般の通常型店舗は看板が青で統一されて全国展開していますが、最近は環境条例を実施している出店地域に合わせた外観や看板も採用しています。


ATMは、原則としてローソン・エイティエム・ネットワークスという子会社が運営しています。


ローソンのオーナーになる方法と成功の秘訣

MENU



スポンサードリンク